社会福祉法人北海道社会事業協会洞爺病院

 

社会福祉法人北海道社会事業協会洞爺病院

院長 大浦 哲

 

 

 北海道社会事業協会洞爺病院(洞爺協会病院)は、昭和5年に愛国婦人会北海道支部洞爺湖温泉診療所として創設された診療所を前身としております。昭和17年に社会福祉法人北海道社会事業協会に事業継承、同組織が道内に設置する7病院の1病院として診療を継続している歴史と伝統のある病院です。当地は、洞爺湖・有珠山・昭和新山等を有する道内屈指の観光地であり、国内はもとより近年では海外からの観光客も多く、救急告示病院として24時間診療をしている救急外来にも多数受診し、国際色豊かな病院となっております。 当院は北海道社会事業協会設立の理念である『北海道の医療・福祉の過疎を軽減する』を命題に、病院職員一人一人が『何をすべきか』を自主的に考え、地域の健康を担う存在として自律し、安全と安心の医療・看護・福祉の継続的な提供を目指しております。地域と共に歩み・育む医療の継続・発展を、職員一同日々目標としております。